Power BIでVlookupする方法

Excelユーザーに大人気のVlookup関数をPower BIの中で実現する方法の共有です。

 

ExcelでVlookupを使う場合、参照元のデータが更新された時に、Vlookup関数も一緒に更新しなければならないので、ちょっと面倒です。

Power BIならこのプロセスが自動化されるので、その点はあえてPower BIの中でVlookupするメリットなのかなと感じます。

 

実現方法は色々あると思いますので、あくまで一例として参考にして下さい。

 

動画版もあるので、合わせて参考にしてみて下さい。

https://youtu.be/410lRu9BKLk

 

 

ということで、まず今回実現したいことですが、、

下図が参照元となる売上データです。

 

下図が参照先のマスタデータです。

 

参照元データのD列に下記Vlookup関数を入力して、B列の都道府県名の情報を引っ張ってきたいと思います。

 

●関数

=VLOOKUP(C2,Sheet1!A:D,2,FALSE)

 

 

 

 

これをPower BIの中で実現する場合、データインポート後、新しい列を追加し、下記Dax関数を使って実現する流れとなります。

 

●Step1:新しい列の追加

 

●Step2:DAX関数

DAX関数としてはLOOKUPVALUE関数を使っていきます。

下記がLOOKUPVALUEの簡単な説明です。

 

LOOKUPVALUE(返したい値の列名, 参照したい値の列名,検索値)

 

これを今回のデータに当てはめると下記となります。

都道府県名 =
LOOKUPVALUE(Sheet1[都道府県],Sheet1[ID],Sheet2[都道府県コード])

 

 

このLOOKUPVALUEという関数ですが、仕組みとしてはExcelのVlookup関数とほぼ同じです。

ただVlookupの場合、検索範囲を指定したり、列番号を指定していきますが、Power BIではピンポイントで列名を指定していきます。

 

以上です!

 

その他にも、Power BIで複数データを結合する方法や、Related関数を使う方法もありますので、合わせて参考にしてみて下さい。

それでは、また (^^♪

 

 

ソフ蔵

ソフ蔵

IT企業でビッグデータ分析やアルゴリズム構築に携わってます。
趣味でPower BIの使い方やデータ分析のノウハウを伝えています。

Power BIを学習しよう!!

Power BI初級者向けのコーチング始めてみました!

人に直接教わるのが最も効率的な学習方法なので、ご検討下さい!
詳細を見る(ココナラ)

またPower BIの入門記事・記事をピックアップしましたので、こちらも参考にしてみて下さい

▶Power BIとは? 記事版 / 動画版(Power BIの概要を3分で解説!)

▶Power BIのメリット・デメリット 記事版 / 動画版

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Scroll to Top