Power BIで複数データを結合する方法 クエリのマージ編


Power BI内で複数のデータ同士を合体させたい場合、Power Queryのデータマージを使うことで実現できます。

※ページ下部に動画もあるので、動画の方がお好みなら動画の方を見て下さい。

 

例えば、下記のようにテーブルデータが2つがあるとします。

●テーブル1

●テーブル2

そしてStore IDを軸にしてリレーションを組んでいます。

 

テーブル1の売上金額の右側に、テーブル2の住所の情報や緯度経度の情報を持ってきたい場合です。

色々やり方はあるのですが、自分が普段使っているデータマージを使うやり方を説明しますね。

とっても簡単なので安心してください。

 

データを結合する方法

まずはデータをくっつけたい側(このケースだとテーブル1)にカーソルを当てて、右クリックします。

そうすると、下図のように色々出てくるので、「クエリの編集」を選択します。

 

そしたらPower Queryエディターというものが立ち上がります。

このPower Queryでデータの加工やらを色々やるんですね。

で、今回は「クエリのマージ」をクリックします。

そうするとこのような画面が立ち上がります。

ちょっとごちゃごちゃしてますが、

1.まずは結合させたいデータを選択します(この場合Masterテーブルです)

2.キーとなる列を選択します(今回はStore IDがキーとなるので、Store IDを選択します)

3.結合の種類を選択します。今回は左外部結合という種類なので、左外部のままで大丈夫です。

4.OKをクリック。

 

するとこんな画面になります。

 

で、表示させたい行を選択します。

今回は全部表示させてますが、表示したいものだけ選択することも可能です。

 

じゃーん。完了。

 

以上です。

 

まぁこんぐらいならVlookUp使えばいけますね笑

でも、クエリ組んでおくとデータ更新の時なんかに楽だったり色々メリットはありますので使ってみて下さいね。

 

 

 

Power BIを学習しよう!!

●Power BIの使い方まとめ(初級編)

下記ページにPower BIを使い始めたばかりの人向けに、Power BIの学習方法をステップbyステップで紹介しています。

Power BI初級者にまず見ていただきたいまとめページです。

Power BIの使い方大全(初級編)

 

●DAX関数の使い方まとめ

Power BIをやる上では避けては通れないDAX関数を色々とまとめたのがこちらのページです。

政府統計の人口データを、様々なDAX関数を使って計算してみました。

Power BI DAXの使い方(初級12本)

 

●細かい使い方は動画で学習する

Power BIは様々な機能があり、定期的に更新もされます。

Power BIの細かい機能や使い方、気になった最新の機能アップデート情報等はYou Tubeに動画上げているので、こちらを参考にしてみて下さい。

You Tube:『Zou Channel

 

●Power BIレポートの運用方法を考える

少し応用編としてPower BI×RPAを活用した全自動レポートを作る方法についてもまとめました。

Power BIで作ったレポートをどのように効率運用していくべきなのか、あまり細かくは書けないですが、概要として参考にしてみて下さい。

Power BIとRPAで全自動レポートを作成する方法

 

●Power BIレポートのテンプレート集

Power BIを活用して作ったレポートを一部共有しています。Power BIで何ができるのか?イメージを持ってもらえるかと思います。

Power BIレポートのテンプレート集

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to Top