Power BIのDAX関数を使って売上高増減率を計算 Divide関数の使い方


Power BIでは基本的にDAX関数を使ってデータを分析できる形にデータを整形し、整形して作ったメジャーと呼ばれる関数をグラフやチャートにドラッグ&ドロップしてレポートを形作っていきます。

といってもなかなかイメージが沸かないかと思うので、今回はDAX関数の中でも基礎的且つ実践的な「Divide関数」を使って実際にメジャーを作ってみようと思います。Power BIのおすすめの学習方法でも触れましたが、Power BIの学習は実際にレポートを作る=アウトプットすることで最も早く知識が身に付きます。

※こちらは2020年1月に初期投稿してから、2020年8月に内容を修正し再公開させて頂いています。何卒ご理解願います。

 

 

Divide関数とは

ずばり、除算(割り算)をするための関数です。

例えば下図のようにセルB÷セルCという割り算をしたい場合、Excelでは別セルに「/(スラッシュ)」を使って、「=B2/C2」と入力することで計算します。

Power BIのDAX関数を使う場合は「=Divide(‘テーブル名'[列B],’テーブル名'[列C],0)」と入力して除算を表現します。

=の後にDivideでつないで定義するのがDAX関数ならではの構文と言えます。

関数の詳しい定義方法に関しては、Microsoft Docsに記載があります。

 

 

今回実現したいこと

Divide関数を使って売上金額の対前年比での増減率を計算することです。

具体的にはPower BIレポートのテンプレート集の「売上レポート」で利用した下図レポート内赤枠の「売上前年比」の計算方法です。

 

 

Divide関数の利用方法

下記がDivide関数を使って売上の増減率を計算する方法です。データは既にインポート済の前提で進めていきます。

 

Step1:新しいメジャーの作成

「新しいメジャー」をクリックすると、下図のように関数入力用のボックスが出てくるので、そこにDAX関数を入力していきます。

 

Step2:DAX関数の入力

今回利用したDAX関数は下記の構文です。

売上前年比(%) = DIVIDE(‘※Key Measure'[合計売上金額],’※Key Measure'[前年売上金額],0)
このDivide関数に関しては、Microsoft Docsにも記載がありますが、DIVIDE(<numerator>, <denominator> [,<alternateresult>])です。
・numerator:割られる数
・denominator:割る数
・alternateresult:0 による除算がエラーになったときに返される値
今回の例では、DIVIDE(<今年の合計売上金額>,<前年の売上金額>,0)と入力しているので、割られる数=今年の売上金額、割る数=前年の売上金額という計算命題となります。
最後に「Enter」で関数を確定させて、エラーが表示されなければ完成です!
以上。

 

 

Power BIを学習しよう!!

●Power BIの使い方まとめ(初級編)

Power BI初心者向けに、Power BIの学習方法をステップbyステップで紹介しています。

Power BIを学習しよう!と思った方は参考にしてみて下さい。

Power BIの使い方大全(初級編)

 

●DAX関数の使い方まとめ

Power BIをやる上では避けては通れないDAX関数を色々とまとめたのがこちらのページです。

政府統計の人口データを、様々なDAX関数を使って計算してみました。

Power BI DAXの使い方(初級12本)

 

●細かい使い方は動画で学習する

Power BIは様々な機能があり、定期的に更新もされます。

Power BIの細かい機能や使い方、気になった最新の機能アップデート情報等はYou Tubeに動画上げているので、こちらを参考にしてみて下さい。

You Tube:『Zou Channel

 

●Power BIレポートの運用方法を考える

少し応用編としてPower BI×RPAを活用したレポートの作り方についてもまとめました。

Power BIに慣れてきて、これから更にPower BIをスケールさせていこうと考えている方は、RPAツールについても確認してみて下さい。

Power BIとRPAで全自動レポートを作成する方法

 

●Power BIレポートのテンプレート集

Power BIを活用して作ったレポートを一部共有しています。Power BIで何ができるのか?イメージを持ってもらえるかと思います。

Power BIレポートのテンプレート集

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to Top