Power BIのサンキーチャートを使った輸出入分析

こんにちは。

今回はPower BIでサプライチェーンの分析を行うのに有効なツール「サンキーチャート」を紹介したいと思います。

 

インプット

というわけで、下図は財務省貿易局が公表している日本の国別輸出入データです。

A列:輸出元

B列:輸出先

C列:金額

ってな感じです。

 

なお今回の分析対象国数は37か国あります。

ちょっと国の数が多すぎるので、ある程度上位数国等にデータを絞った方がいい気もしますが、

それはPower BI側Rank関数等を使えば出来ますので、取り合えずPower BIのインプットデータとして使っていきたいと思います。

 

ビジュアライズ

データが無事にインポートできたので、続いてはビジュアル化です。

今回使うビジュアルは「サンキーダイアグラム」!

輸出元/輸出先、配送元/配送先などの物流分析で使える感じのやつです。

 

検索バーに「Sankey」と検索すれば出てきます。

 

これの左側です。

ということで、ビジュアライズしていきます。

 

 

ソースに「輸出元」のフィールド、

宛先に「輸出先」のフィールド、

重要に「貿易額」、

をそれぞれドラッグ&ドロップします。

 

後は日本が輸出元となるビジュアルを作れば完了です。

補足

今回は輸出と輸入で別々で作りましたが、自社のサプライチェーンなんかを分析する時は、

原材料:中国 → 加工:アフリカ → 最終地点:インドみたいな感じでも作れます(下図参照)。

 

以上です。

では!

 

 

ソフ蔵

ソフ蔵

IT企業でビッグデータ分析やアルゴリズム構築に携わってます。
趣味でPower BIの使い方やデータ分析のノウハウを伝えています。

Power BIを学習しよう!!

Power BI初級者向けのコーチング始めてみました!

人に直接教わるのが最も効率的な学習方法なので、ご検討下さい!
詳細を見る(ココナラ)

またPower BIの入門記事・記事をピックアップしましたので、こちらも参考にしてみて下さい

▶Power BIとは? 記事版 / 動画版(Power BIの概要を3分で解説!)

▶Power BIのメリット・デメリット 記事版 / 動画版

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Scroll to Top