Power BIで順位表を作る方法 Rank関数への誘い


こんにちは。

今回は、Power BIを使って順位表を作る方法を紹介していきたいと思います。

※記事下に動画版もあるので、動画の方がよければ見てみて下さい!!

 

今回のケース

下図は国際学力調査(PISA)の2018年の国別の学力スコアの結果です。

データですが、B列の「Jurisdiction」が国名です。

以降、D列:「読解力」、E列:「数学」、F列:「科学」と科目毎でのスコアとなっています。 ※A列とC列は使いません。

 

今回はこのスコア結果を上位順のランキング形式に並び替え、国別での学力ランキングを1位から順番に表示していきたいと思います。

 

※データはこちらからダウンロードいただけます!

「PISA_All.xlsx」

 

方向性

「Rankx」というDAX関数を使います。

このRankx関数は何らかの数値を引数に取って、スコアの大きい順・小さい順で1から順番に数値を返すというものです。

今回は科目毎のスコアを引数として、スコアの大きい順に1から順番に数値を返してもらおうと思います。

 

ちょっとざっくりしていますが、下記がRank関数の説明です。

 

◎Rank関数

RANKX(<テーブル>, <式>, <値> , <オーダー>,<Ties>)

 

Rank関数は5つのパラメーターを持っていて、左から順番に下記の通りです。

1.テーブル:順位付けに使うための数値が入ったテーブルを指定する

2.式:順位付けに必要な値を計算するための式を定義

3.value:特殊なパラメーター。別の列や値を参照して順位付けをしたい場合に使うが、基本的には空白で問題ない

4.order:昇順、降順を指定する(DESCかASCを指定)

5.ties:値が同一だった場合の処理方法を定義する(SkipかDenseを指定)

 

このうち1,テーブルと、2.式は必須です。

3~5は必要に応じて任意で指定するのですが、指定しない場合は、Rank関数のデフォルト設定で計算されます。

 

実装

それでは、やっていきましょう!

先程説明させていただいた「Rankx」関数に、今回のデータ項目を当てはめていくという感じです。

 

Step1:メジャーを作る

RankingMath =
RANKX(ALL(PISA_All),
Calculate(SUM(‘PISA_All'[Mathematics])),,DESC)
テーブルを指定する時に、Allを付けておかないと、全て1位と表示されてしまいます。
※各行毎のフィルターが効いてしますので。
結果を返してみたいと思います。
一番左の列がランキングの数値を表した列です。
現状並び順がJurisdiction(国名)のアルファベット順なので、これをランキング順に並べ替えます。

 

 

Step2:テーブルを昇順に並び替える

並び替えたい列(RankingMath)をクリックして、昇順に切り替えます。

一応順位表の完成です。

 

1位:中国

2位:シンガポール

3位:マカオ!?

です笑

数学は中国が圧倒的ですね。それにしても、マカオって。

 

こちらはMathematics(数学)の順位付けですが、その他のReadingやScienceに関しても同様の方法で行えます。

 

もう一工夫

せめて「位」の単位を付けたいものです。

 

ということで、もう一工夫。

シンプルに下記のようにメジャーを書いて、

RankingMath1 =
‘Measure'[RankingMath] & “位”

 

Mathematics列で昇順に並び替えればOK!!

 

 

さらに発展

さて、このテーブルでは、「Mathematics列」も一緒に表示しているから、

Mathematics列で並び替えればOKなのですが、

テーブルにMathematics列を表示したくない場合はどうしましょう。

 

Power BIはレポートスペースに限りがあるので、このようにビジュアルを省スペース表示したいケースは結構あります。

つまり、完成図としては下図のようなものを作りたいのです。

 

こちらに関しては、Power BIでテキスト型の数値情報をソートして並び替える方法を参考にしつつやってみて下さい!

 

まとめ・〆の挨拶

今回はMathematics(数学)の単一科目分のみのランキングで出していきました。

もっと発展させたい人は、別記事Power BI Tips!! 複数列の平均値を行毎で計算する方法を参考にしつつ、数学・読解力・科学の全ての平均を出して、その全てのスコアのランキング出しに挑戦してみましょう!

 

ではまた!

 

 

※P.S

動画でも説明しています。

つながりましょう!!

 

 

 

◆Power BIを学習しよう!!

これからPower BIを学習しようと考えている人向けに学習方法を学習の流れで簡単にまとめてみました。参考にしてみて下さい。

 

●Power BIの概要を理解しよう!

Power BIという言葉を初めて知った人向けにPower BIの概要、全体像、構成、機能についてまとめた入門記事・動画を作ってみました。まずはここからです!

Power BIとは(初級編)

 

▷動画版

 

●Power BIの使い方まとめ(初級編)

Power BI初心者向けに、Power BIの学習方法をステップbyステップで紹介しています。

Power BIを学習しよう!と思った方は参考にしてみて下さい。

Power BIの使い方大全(初級編)

 

●DAX関数の使い方まとめ

Power BIをやる上では避けては通れないDAX関数を色々とまとめたのがこちらのページです。

政府統計の人口データを、様々なDAX関数を使って計算してみました。

Power BI DAXの使い方(初級12本)

 

●細かい使い方は動画で学習する

Power BIは様々な機能があり、定期的に更新もされます。

Power BIの細かい機能や使い方、気になった最新の機能アップデート情報等はYou Tubeに動画上げているので、こちらを参考にしてみて下さい。

You Tube:『Zou Channel

 

 

 

◆Power BIの次はこれ!

Power BIを突き詰めていくと、Power BI単体ではデータ分析用のエンジンが足りなくなり、やがて壁にぶち当たります。

Power BIはデータ=事実を可視化するのは強いですが、可視化の次は「予測や分類といった判断精度の向上」が求められるので、それを形にする人工知能の知識が必要になってくるわけです。

またPower BIは人手がレポートを作りますが、実はもう少し先の未来では人工知能がレポートを開発する時代が来ると言われていて、実際にその現実を目の当たりにすることもあります。

その焦りから自分も、独学ですが最近は人工知能の開発に進んでいます。

AidemyのAI講座なんかは、未経験者を対象に短期間でAIの知識を学べるプログラムになっているので、今直ぐにではないですが、もう少し未来を見据えている人は参考にしてみて下さい。

 

AidemyのAI講座を見てみる

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Scroll to Top