Power BIのデータ更新方法2通り メリットとデメリット


Power BIのデータソースの更新方法は、実は幾つか方法があります。

今回はその中でも、自分がよく使う2通りの方法を紹介したいと思います。

 

CloudかDekstopで更新か

Power BIのデータソースの更新方法は、大きく分けるとCloudで実行するか、Desktopで実行するかの2通りあります。

それぞれのメリットとデメリット・使い分けを紹介します。

 

 

●Cloudで実行

Cloudで実行する場合、予め更新日時を設定しておき、定刻になると自動で更新が始まるというものです。

更新頻度や更新時刻を設定しておけば、後は勝手に更新してくれるので、手間がかからないというメリットがあります。

一方、データソースがデスクトップ上に保存されている場合、そのデータは読み込めませんので、この方法は使えません。ですので、この方法を使う場合は、データソースは必ずクラウド上にアップロードしておく必要があるのです。

 

 

●Desktopで実行

Desktopでの更新方法は、Power BI Desktopのフィールドから更新していきます。

こちらは、PBIファイルをわざわざCloudにあげなくていいので、手軽にデータが更新できるメリットがあります。またデータソースも、デスクトップ上のファイルを使ってもOKなので、利便性は高いです。

一方、Cloudとの大きな違いは、自動更新機能です。スケジューラーを設定しての自動更新ができないのがデメリットです。

Power BI Desktopでのデータ更新方法に関しては、Power BI Desktopでデータ更新する方法で解説しているので、ご確認下さいませ。

 

以上です!!

では、Have a happy Power BI Life!!

 

 

サイト管理人について

こんにちは、当サイト管理人のソフ蔵(ぞう)と言います。
IT企業でビッグデータの分析やアルゴリズムの構築に携わっています。
副業でPower BIの使い方やデータ分析のノウハウを伝えています。
Power BIはデータ分析を民主化した素敵なソフトです。是非参考にして下さい!

●蔵のPower BI作品集ページ:『Power BIレポートの事例集サイト
●You Tubeチャンネル:『Zou Channel

Power BIを学ぼう!!

Power BI初級者向けの入門動画・記事をピックアップしました。

▶Power BIとは? 記事版 / 動画版(Power BIの概要を3分で解説!)

▶Power BIのメリット・デメリット 記事版 / 動画版 

▶レポーを0から作ってみよう! 動画版

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Scroll to Top