Power BIでテキスト型の数値情報をソートして並び替える方法


こんにちは。

 

Power BIでテキスト型で持っている数値情報を、昇順・降順でソートをかけようとすると、正しくソートできない場合があります。

 

例えば以前の記事で紹介させて頂いた「Power BIで順位表を作る方法」では、データ型が「整数」のランキング列では数値でソートできるのですが、

これを「●●位」となるよう数値情報に「位」の文字を加えると(列:RankingMath1)、データ型が「整数」から「テキスト」に変わってしまい、数値として識別されず、下図のように正しくソートできなくなってしまいます。

他にも例えば、Power BIでプロジェクト管理をしているケースなんかで、下記のようにテキストと数値を組み合わせたデータを持っている場合もうまくソートできません。

 

また他にも、Power BIの棒グラフや折れ線グラフの時系列分析で、下図のように「●月」を軸に取っていると、こちらも並び替えがうまくいきません。

 

結構地味なのですが、レポートを作っていると結構頻繁に起こります。

ということで今回は、この回避策を紹介していきたいと思います。

 

 

Step1.数値データ型の列を作る(必要に応じて)

まず、ソート対象のテキスト型の列とは別に、「数値型」のデータ列を作成します。

もし既に数値型の列がある場合は、ここは飛ばしていただいて大丈夫です。

 

例えば先の順位表を作ったケースでは、下記のようにDAX関数を書いて数値型の列を作りました。

RankingMath3 =
RANKX(ALLSELECTED(PISA_All),
PISA_All[MathematicsScore],,DESC)

 

※データ等も別記事Power BIで順位表を作る方法 Rank関数への誘いにあるので、興味あれば一緒に試してみましょう!

 

ちなみにPower BIで新しい列を作る場合、「データ」タブに切り替えて、新しい列を選択すればできます。

 

そして先程のプロジェクト管理の事例では、カスタム列を作って対応しました。

※このカスタム列はPower QueryのM言語を使うのですが、詳細はまた別記事/動画で紹介予定です!

 

これでStgep1は終わりです。

とにかく、「整数型」の列を別途作りましょう。

 

Step2.並び替えの設定を変える

次に並び替えの設定を変えていきます。

ということで、Power BIのデータタブを選択します。

 

今回のソート対象となるテキスト型の列を選択し、「並び替え」をクリックし、Step1.で作った数値型の列を選択します。

これで設定は完了です。

 

結果を確認

Power BIのレポート画面に戻って、テーブルビジュアルでソートをかけてみます。

じゃじゃーん!!正しく表示されています。

 

同様の方法で案件番号の方も一件落着です。

 

月で表示した棒グラフの方も同様のやり方でできます。

 

以上です。

地味だけど、知っておくと便利なPower BIテクです。

ではまた!

 

P.S.

動画版です。

https://youtu.be/IMO6IyFNZok

 

 

◆Power BIを学習しよう!!

これからPower BIを学習しようと考えている人向けに学習方法を学習の流れで簡単にまとめてみました。参考にしてみて下さい。

 

●Power BIの概要を理解しよう!

Power BIという言葉を初めて知った人向けにPower BIの概要、全体像、構成、機能についてまとめた入門記事・動画を作ってみました。まずはここからです!

Power BIとは(初級編)

 

▷動画版

 

●Power BIの使い方まとめ(初級編)

Power BI初心者向けに、Power BIの学習方法をステップbyステップで紹介しています。

Power BIを学習しよう!と思った方は参考にしてみて下さい。

Power BIの使い方大全(初級編)

 

●DAX関数の使い方まとめ

Power BIをやる上では避けては通れないDAX関数を色々とまとめたのがこちらのページです。

政府統計の人口データを、様々なDAX関数を使って計算してみました。

Power BI DAXの使い方(初級12本)

 

●細かい使い方は動画で学習する

Power BIは様々な機能があり、定期的に更新もされます。

Power BIの細かい機能や使い方、気になった最新の機能アップデート情報等はYou Tubeに動画上げているので、こちらを参考にしてみて下さい。

You Tube:『Zou Channel

 

 

 

◆Power BIの次はこれ!

Power BIを突き詰めていくと、Power BI単体ではデータ分析用のエンジンが足りなくなり、やがて壁にぶち当たります。

Power BIはデータ=事実を可視化するのは強いですが、可視化の次は「予測や分類といった判断精度の向上」が求められるので、それを形にする人工知能の知識が必要になってくるわけです。

またPower BIは人手がレポートを作りますが、実はもう少し先の未来では人工知能がレポートを開発する時代が来ると言われていて、実際にその現実を目の当たりにすることもあります。

その焦りから自分も、独学ですが最近は人工知能の開発に進んでいます。

AidemyのAI講座なんかは、未経験者を対象に短期間でAIの知識を学べるプログラムになっているので、今直ぐにではないですが、もう少し未来を見据えている人は参考にしてみて下さい。

 

AidemyのAI講座を見てみる

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Scroll to Top