Power BIにSharePointからデータをインポートする方法


Power BI Desktopを使ってレポートを作る際、レポートで使うデータをインポートする必要があるのですが、Power BIで使えるデータソースは結構多岐に渡ります。

データベースは個々で異なる場合が多いので、このように色んなデータソースを使えるというのはありがたいですね。

今回はそのデータソースの中でもMicrosoft社が提供する「SharePoint」からデータをインポートする方法を簡単に紹介したいと思います。

 

SharePointからデータをインポートする方法

下記がSharePointからPower BIにデータをインポートする方法です。

1.まずはデータをアップロード

SharePointのドキュメント>アップロードと進み、Excelなどのアップロードしたいファイルを選択します。

 

 

2.SharePointと接続する

「データを取得」からSharePointフォルダーを選択します。SharePointからデータを取得する方法を検索すると他にもSharePoint ListとOnlineが出てくるのですが、初めて接続する場合はこの方法で進めています。

次にSharePoint FolderのサイトURLを入力するのですが、インポートしたいファイルがあるURLの全てではなく、「sites/●●●/」まで入力します。

 

この後が少し紛らわしく、黄色で色塗りされている「結合」の方はクリックせずに、「データの変換」をクリックします。

すると次にPowerクエリエディターが開くのですが、一旦Step2のSharePointとの接続は以上で完了です。

※Power BIからSharePointに初めてアクセスする場合、「アクセス許可の設定」を求められます。この場合「Microsoftアカウント」を選択しご自身のMicrosoft 365のユーザー名とパスワードを入力して進みます。これはPower BI Cloudにログインする時のログイン情報と同じことが多いのですが、分からない場合はITシステム担当者に聞いて教えてもらいましょう。

 

3.データをインポートする

下図がPowerクエリのエディター画面です。

SharePoint上にある全てのファイルが一覧で表示されています。

Power BI Desktop上にインポートしたいファイルをフィルタリングで絞り込んでいきます。

今回は下図のようにファイルを1つに絞り込んでいますが、複数ファイルを一括でインポートしたい場合は複数選択しても問題ないです。

インポートしたいSheetを確認してOKをクリックします。

最後に「クエリ2」と書いてあるデータの名称を変更します。そして「閉じて適用」をクリックして完了です。

以上。

 

◎関連記事

Power BIレポートをSharePointで共有する方法

 

 

サイト管理人について

こんにちは、当サイト管理人のソフ蔵(ぞう)と言います。
IT企業でビッグデータの分析やアルゴリズムの構築に携わっています。
副業でPower BIの使い方やデータ分析のノウハウを伝えています。
Power BIはデータ分析を民主化した素敵なソフトです。是非参考にして下さい!

●蔵のPower BI作品集ページ:『Power BIレポートの事例集サイト
●You Tubeチャンネル:『Zou Channel

Power BIを学ぼう!!

Power BI初級者向けの入門動画・記事をピックアップしました。

▶Power BIとは? 記事版 / 動画版(Power BIの概要を3分で解説!)

▶Power BIのメリット・デメリット 記事版 / 動画版 

▶レポーを0から作ってみよう! 動画版

 

 

 

 

 

 

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Scroll to Top