Power BIレポートをSharePointで共有する方法


Power BI Desktopで作成したレポートは、Power BIと同じMicrosoft製品の「SharePoint(シェアポイント)」に共有することも可能です。

上記は一例ですが、MicrosoftのOffice製品は色々プランがあってその中にSharePointが含まれているプランもあります。

 

SharePointを使うメリットは?

個人的に感じたのはPower BIで使うデータやレポートの保管場所を一元管理しておけることです。

Power BIには複数のデータやマスタを取り込んで分析し、レポートが幾つも出来上がることが多いのですが、その際にデータやレポートの在りかを一か所にまとめておくことで効率的に管理できます。

またSharePointにはブログ感覚で文字を入れたり、コメントも投稿できるのでチーム内コミュニケーションを円滑にできるといったメリットもあります。

 

Power BIレポートの共有方法

下図は、とあるレポートをSharepointで共有したイメージ図です。

このようにSharepointの「ホーム」画面に、Power BIレポートが表示される形となります。

では、早速やり方を紹介していきたいと思います。

 

 

1.Power BIレポートを発行する

まずはPower BI Desktopで作成したレポートをCloudに「発行」します。

 

2.レポートの共有リンクを取得する

1.で発行したPower BIレポートの共有リンクを取得します。

Power BI Serverにアクセスし、「ファイル>レポートの埋め込み>Sharepoint Online」とクリックします。

下図のように共有リンクが表示されます。

こちらで取得した共有リンクをSharePointに貼り付けて、レポートを表示していく形となります。

 

3.SharePointを編集する

SharePointサイトの「ホーム」にアクセスし、右上にある「編集」ボタンを選択します。

 

Power BIレポートを差し込みたい場所をクリックし、下図の赤丸で囲った「+」ボタンを選択します。

Power BIを選択します(スクロールで探してもいいですが、検索バーで検索する方法もあります)。

 

4.共有リンクを貼り付ける

すると、下図のようにPower BIのリンクを貼り付けられる画面が表示されるので、Power BIレポートのURLを貼り付けます。

その他下記の項目を設定可能です。

・ページ名:表示したいページを選択できる

・表示:レポートのサイズを「16:9(横に長め)」、「4:3(縦に長め)」を調整できる

・ナビゲーションウィンドウの表示:ナビゲーションウィンドウの表示可否を設定(現時点ではOnにしてもOffにしても変化は確認できず)

・フィルターウィンドウの表示:レポートのフィルターウィンドウの表示可否を設定

・アクションバーの表示:レポート上部のアクションバーの表示可否を設定

 

5.「再発行」を選択

画面右上にある再発行をクリックして完了です。

 

ちなみに一度挿し込んだレポートの設定を編集したり、削除したい場合は、下図の「Webパーツの編集」や「Webパーツの削除」をクリックすることで進められます。

 

以上。

下記記事では、その他の共有方法をまとめているので合わせて参考にしてみて下さい。

 

 

●関連記事

Power BIにSharePointからデータをインポートする方法

 

 

◆Power BIを学習しよう!!

これからPower BIを学習しようと考えている人向けに学習方法を学習の流れで簡単にまとめてみました。参考にしてみて下さい。

 

●Power BIの概要を理解しよう!

Power BIという言葉を初めて知った人向けにPower BIの概要、全体像、構成、機能についてまとめた入門記事・動画を作ってみました。まずはここからです!

Power BIとは(初級編)

 

▷動画版

 

●Power BIの使い方まとめ(初級編)

Power BI初心者向けに、Power BIの学習方法をステップbyステップで紹介しています。

Power BIを学習しよう!と思った方は参考にしてみて下さい。

Power BIの使い方大全(初級編)

 

●DAX関数の使い方まとめ

Power BIをやる上では避けては通れないDAX関数を色々とまとめたのがこちらのページです。

政府統計の人口データを、様々なDAX関数を使って計算してみました。

Power BI DAXの使い方(初級12本)

 

●細かい使い方は動画で学習する

Power BIは様々な機能があり、定期的に更新もされます。

Power BIの細かい機能や使い方、気になった最新の機能アップデート情報等はYou Tubeに動画上げているので、こちらを参考にしてみて下さい。

You Tube:『Zou Channel

 

 

 

◆Power BIの次はこれ!

Power BIを突き詰めていくと、Power BI単体ではデータ分析用のエンジンが足りなくなり、やがて壁にぶち当たります。

Power BIはデータ=事実を可視化するのは強いですが、可視化の次は「予測や分類といった判断精度の向上」が求められるので、それを形にする人工知能の知識が必要になってくるわけです。

またPower BIは人手がレポートを作りますが、実はもう少し先の未来では人工知能がレポートを開発する時代が来ると言われていて、実際にその現実を目の当たりにすることもあります。

その焦りから自分も、独学ですが最近は人工知能の開発に進んでいます。

AidemyのAI講座なんかは、未経験者を対象に短期間でAIの知識を学べるプログラムになっているので、今直ぐにではないですが、もう少し未来を見据えている人は参考にしてみて下さい。

 

AidemyのAI講座を見てみる

 

 

 

 

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Scroll to Top