Power BIでリレーションを作る方法


Power BI Desktopは、基本的には「データ」、「リレーション」、「レポート」の3つの機能を使い分けて作り進めていくのですが、本記事ではその中でも「Relation/リレーション機能」に関して説明します。

これはPower BI Desktopで利用するデータが複数ある場合に、それらのデータをキーを軸にして繋ぐ=リレーションを作る場合に利用します。

通常分析データが1つしかないなんて場合は皆無に近いと思いますので、基本的には利用するものと理解しておいて下さい。

なおPower BI Dektop上でこのリレーションのアイコンにマウスを当てると「モデル」と表示され、そのモデルの中でリレーションを構築していきます。

なお、Power BIの学習方法に関しては、こちらにまとめてありますので、初学者は参考にしてみて下さい。

 

リレーションとは?

「複数のデータを関連付けて、データの加工・集計に必要な情報を一つのデータベースにまとめること」です。

企業には会計、物流、商品、製造、取引実績等の様々なデータが存在し、理想としてはこれらのデータが1つのデータベース上で全て管理されていればいいのですが、現実的にはそれだと色んな障害が出てきます。

というのも、基本的にはデータは日々更新され増えるものなので、データがどんどん溜まってくるとデータは次第に重くなります。なので、幾つかのデータベースに分けて置くことで容量を分散させる必要があります。

またデータには変更管理上、基本的にはとある人がデータ(特にマスタ)を更新している間は、他の人が更新できないような仕組みにします。データベースが1つしかないと複数人でデータを編集することができないので、複数人が同時にデータを更新する際に障害が出てきます。

そこでデータを複数のデータシートに分けるのです。

そしてこの複数に分けたデータシートを再度くっつけて、1つのデータベースを構築することをリレーションと言います。

今まではリレーションというと、Accessなんかでやったりしましたね。

例えばデータを分析する際は、Excelで関数を使ってデータを加工し、Accessで複数データを紐付けて、Power Pointでプレゼン資料を作るといったように、複数のアプリ間を行ったり来たりする必要があったのですが、Power BIでは基本的にこれらを全てPower BIの中で完結するから便利なんですね。

 

Power BIでリレーションを構築する方法

リレーションの構築方法は下記のステップにて進めていきます。前提として、複数のデータをPower BI Desktopにインポートした場合を想定しています。

 

1.「モデル」タブをクリック

Power BI Desktopを起動し、上から3番目の「モデル」と書かれたタブをクリックします。

 

2.データのキー項目同士を繋げる

モデルタブをクリックするとインポートしたデータが表示されています。リレーションを構築したいデータの「キー(一意に識別するデータ項目)」同士を紐付けます。具体的には、紐づけたいデータの片方を選択した状態で、もう一方にドラッグ&ドロップします。

例えば下図の例では、左側のSales Data(売上データ)の日付の項目と、Date Data(日付マスタ)の日付列を結んでいます。

この際データの一方が一意=ユニーク(同じ値が1つの列に入っていないということ)になっていないとエラーが返ってきますので注意しましょう。

※意外と一意になっていないことが多いです。。。

 

3.必要に応じてその他のデータも紐付ける

下図のようにその他のデータに関しても、キー項目を軸にして紐付けていきます。今回は4つのデータを紐付けました。

基本的には以上でリレーションの構築は完了です。

エラーがある場合は、ドラッグ&ドロップした直後に大抵エラーメッセージが出てくるので、何も出てこなければ問題なかったということです。

レポート画面に戻って、DAX関数を書き始めましょう

 

注意点!!

実際にレポートの運用を始めると色々指標を追加したくなり、他のデータベースからデータをインポートして紐付ける必要が出てきます。

今手元にあるデータで表現できればいいですが、データがない場合はマスタを作ったりなんかもします。

その都度データを追加でインポートしていけばいいだけなのですが、後からレポートを修正するのは案外大変な作業だったりします。

それを避けるためにも、初期のレポート設計の段階で必要な指標とデータに関してしっかりと定義することが大切です。

 

 

◆Power BIを学習しよう!!

これからPower BIを学習しようと考えている人向けに学習方法を学習の流れで簡単にまとめてみました。参考にしてみて下さい。

 

●Power BIの概要を理解しよう!

Power BIという言葉を初めて知った人向けにPower BIの概要、全体像、構成、機能についてまとめた入門記事・動画を作ってみました。まずはここからです!

Power BIとは(初級編)

 

▷動画版

 

●Power BIの使い方まとめ(初級編)

Power BI初心者向けに、Power BIの学習方法をステップbyステップで紹介しています。

Power BIを学習しよう!と思った方は参考にしてみて下さい。

Power BIの使い方大全(初級編)

 

●DAX関数の使い方まとめ

Power BIをやる上では避けては通れないDAX関数を色々とまとめたのがこちらのページです。

政府統計の人口データを、様々なDAX関数を使って計算してみました。

Power BI DAXの使い方(初級12本)

 

●細かい使い方は動画で学習する

Power BIは様々な機能があり、定期的に更新もされます。

Power BIの細かい機能や使い方、気になった最新の機能アップデート情報等はYou Tubeに動画上げているので、こちらを参考にしてみて下さい。

You Tube:『Zou Channel

 

 

 

◆Power BIの次はこれ!

Power BIを突き詰めていくと、Power BI単体ではデータ分析用のエンジンが足りなくなり、やがて壁にぶち当たります。

Power BIはデータ=事実を可視化するのは強いですが、可視化の次は「予測や分類といった判断精度の向上」が求められるので、それを形にする人工知能の知識が必要になってくるわけです。

またPower BIは人手がレポートを作りますが、実はもう少し先の未来では人工知能がレポートを開発する時代が来ると言われていて、実際にその現実を目の当たりにすることもあります。

その焦りから自分も、独学ですが最近は人工知能の開発に進んでいます。

AidemyのAI講座なんかは、未経験者を対象に短期間でAIの知識を学べるプログラムになっているので、今直ぐにではないですが、もう少し未来を見据えている人は参考にしてみて下さい。

 

AidemyのAI講座を見てみる

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Scroll to Top