Power BIでインデックス列を作り連番を振る方法

こんにちは!!

 

Power BIにインポートしたデータに連番を振ったID列があればいいのですが、

必須の情報ではないので、元データにID列が振られてないケースも出てきます。

 

そもそもIDが振られていることのメリットは、データセットの識別のしやすさです。

複数のデータを合体させて1つのデータセットを作る場合、

データに一意となる連番を振っておくことで、データのレコード数などを確認する上で便利となります。

 

個人的には、データに連番が振ってある方が精神的にも落ち着きます。。。笑

 

ということで、Power BIのデータにID列を作る方法を紹介します。

 

Power Queryで連番を振る

対象のデータをインポートした後にPower Queryを起動します。

 

列の追加のタブをクリックし、下図黄色蛍光部の「インデックス列」をクリックします。

 

すると、下図のようにデータの右端にインデックス列が出来上がります。

後は列名をダブルクリックして、任意で名称を変えます。

下図では、インデックスをIDに変更しました。

 

ちなみにデフォルトの状態では、連番は0から開始です。

下図のように、1からを選択すれば、1からのインデックス列が出来上がりますし、

カスタムで条件式を指定してインデックス列を作ることも可能です。

 

なお、下の動画では、

更なる応用編として、カテゴリーの中でインデックス列を作る方法を紹介しています。

参考にしてみてください。

 

以上共有でした。

 

 

ソフ蔵

ソフ蔵

Power BIの使い方やデータ分析のノウハウを伝えております。
データを使って世の中やビジネスを可視化したり、データ分析基盤作りの支援をしています。
本業はITソフトウェア企業でデータ分析や分析基盤の構築に携わっています。

Power BI・データ分析を学習しよう!!

Power BI初級者向けに対面・オンライン形式でのハンズオントレーニング始めました!
これからPower BIを学び始めたい方、ご検討下さい。

住所情報の可視化やジオコーディング(緯度経度、拠点間距離算出等)のトレーニングも開催しています。
下記よりご確認下さい。

Power BIレポートのショーケースも一部公開しております。

Power BIショーケースサイト

ココナラ

またPower BIの入門記事・記事をピックアップしましたので、こちらも参考にしてみて下さい

▶Power BIとは? 記事版 / 動画版(Power BIの概要を3分で解説!)

▶Power BIのメリット・デメリット 記事版 / 動画版

 

 

twitteryoutubemail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to Top