Power BIで必要列のみ取得して新しいデータを作る方法

他のシステム等からダウンロードしてきたローデータだと、

Power BIの分析には必要ないフィールド(項目)が出てきます。

 

もちろんそのまま特段加工せずとも分析自体は可能です。

しかしフィールドの数が多過ぎると、横にデータが広がってしまうので、

データの確認やDAXでのフィールドの指定がやりずらくなってきます。

 

そうした場合は必要な列のみを抽出して新しいデータを作ることの検討が必要となってきます。

 

やり方としては、大きく2つ。

1つ目がDAX関数を使う方法。

もう一方がPower Queryでやる方法。

 

どちらも関数自体はあまり変わりませんが、

データ加工自体はPower Queryにまとめた方がいいのかもしれません。

 

ということで、Power Queryで実行する場合は下記の通りです。

1.「空のクエリ」をクリック

2.=データ名[[フィールド名1],[フィールド名2],[…]]

 

DAX関数を使う場合は、SELECTCOLUMN関数を使います。

下記が例文です。

新規のテーブル名=

SELECTCOLUMNS(データ名,[フィールド名1],[フィールド名2],[…]

 

以上です。

 

 

ソフ蔵

ソフ蔵

Power BIの使い方やデータ分析のノウハウを伝えております。
データを使って世の中やビジネスを可視化したり、データ分析基盤作りの支援をしています。
本業はITソフトウェア企業でデータ分析や分析基盤の構築に携わっています。

Power BI・データ分析を学習しよう!!

Power BI初級者向けに対面・オンライン形式でのハンズオントレーニング始めました!
これからPower BIを学び始めたい方、ご検討下さい。

住所情報の可視化やジオコーディング(緯度経度、拠点間距離算出等)のトレーニングも開催しています。
下記よりご確認下さい。

Power BIレポートのショーケースも一部公開しております。

Power BIショーケースサイト

ココナラ

またPower BIの入門記事・記事をピックアップしましたので、こちらも参考にしてみて下さい

▶Power BIとは? 記事版 / 動画版(Power BIの概要を3分で解説!)

▶Power BIのメリット・デメリット 記事版 / 動画版

 

 

twitteryoutubemail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to Top