Power BIで引き算をする場合のDAX関数の書き方

Excelでは大人気の「引き算」の計算式ですが、Power BIではどう表現したらいいのでしょうか。

Excelなら下図のように「セル-セル」で書けばOKですよね。

しかしPower BIには、そもそもセルという考え方がないので、最初ちょっと戸惑います( ゚Д゚)

※上図は10-8という計算式をC列に追加している

 

Power BIでは列の追加で対応

ということで、下記がPower BIでのやり方。

【やり方】

1.新しい列を追加する ←ここポイント

2.関数に「フィールド名 - フィールド名」を使う。

上図が少しわかりずらいですが、Column1 (10)- Column2(8)としています。

 

ポイントとしては、新しい列を追加して対応するところです!※メジャーじゃなくて

 

そして結果がこちら。

よし、OK!

後はこの列を使えば色々グラフなどで可視化できます。

 

ちなみに、、、どーしてもメジャーでやりたい場合は、下記のようにSum関数を使うといいです。

 

引き算= SUM (フィールド名)- SUM(フィールド名)

 

 

 

まとめ

・Power BIで引き算の関数の書き方は2パターンある

・1つ目が新しい列を追加して対応するパターン

・2つ目が新しいメジャーを追加して、Sum関数等で対応するパターン

 

以上です。

 

 

 

ソフ蔵

ソフ蔵

IT企業でビッグデータ分析やアルゴリズム構築に携わってます。
趣味でPower BIの使い方やデータ分析のノウハウを伝えています。

Power BIを学習しよう!!

Power BI初級者向けのコーチング始めてみました!

人に直接教わるのが最も効率的な学習方法なので、ご検討下さい!
詳細を見る(ココナラ)

またPower BIの入門記事・記事をピックアップしましたので、こちらも参考にしてみて下さい

▶Power BIとは? 記事版 / 動画版(Power BIの概要を3分で解説!)

▶Power BIのメリット・デメリット 記事版 / 動画版

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Scroll to Top