Power BIのテーブルを直接編集する方法


Power BIのデータ入力機能利用することで、Power BI上に新規でテーブルを作成できます。

上図のように、Excelみたいにデータの値や列名なんかを指定してテーブルを新規で作れるわけです。

 

「用途は?」と疑問に思うかもしれませんが、これはPower BIのスライサー用のデータとして使うことが多いです。

別途スライサー用のデータを持っている場合、インポートすればいいのですが、それだとデータ更新に時間がかかったり、インポートの手間もかかるし、メンテナンスも大変だし、、、。

こっちのやり方だと手軽にサクッと作れるので、ちょっとテーブルを作りたいといったケースでおすすめ。

 

後は、Switch関数を使ったレポートの動的な切り替え表示をする場合なんかでも活躍してくれます。

(※ちょっと複雑なので別機会でやり方動画出したいと思います)

 

 

テーブルの新規作成方法

というわけで、まずはテーブルの新規作成方法からですが、こちらは「ホーム>データを入力」をクリックします。

すると下図のような画面が立ち上がるので、テーブル名、列名を決めて、値を入力していきます。

入力したら、「読み込み」をクリックして完了です。

 

下図のようにPower BIのフィールド欄に新規作成したテーブルが追加されていると思います。

これをドラッグ&ドロップして使ったり、リレーション組んだりして使います。

 

 

テーブルの編集方法

テーブルデータを編集したい場合は、下記の方法で進めます。

 

編集したいテーブルの右側にある「…」をクリックして、クエリの編集を選択します。

 

するとクエリエディタが立ち上がります。

「ソース」の右側にある歯車をクリックします。

 

すると、テーブルの編集画面が立ち上がるので、先に説明した方法でテーブルを編集していきます。

 

OKをクリックして完了です。

 

 

以上です!

 

特にテーブルの編集方法(歯車をクリックする)は、なかなか個人では気付きずらい。

また今使わない!という人もいつか使うかもしれないので、頭の片隅に入れておいて下さい。

 

では、また!

 

 

蔵/Zou

IT企業でコンサルティングをしています。
本業ではソフトウェアの導入支援、企業のビッグデータ分析やデジタル推進に携わっています。
趣味でPower BIの使い方やデータ分析のノウハウを伝えています。

●蔵のPower BI作品集ページ:『Power BIレポートの事例集サイト

●You Tubeチャンネル:『Zou Channel

Power BIを学ぼう!!

Power BI初級者向けの入門動画・記事をピックアップしました。

▶Power BIとは? 記事版 / 動画版(Power BIの概要を3分で解説!)

▶Power BIのメリット・デメリット 記事版 / 動画版 

▶レポーを0から作ってみよう! 動画版

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Scroll to Top