Power BIレポートにフィルター付きのカレンダーを表示する方法

下図は、日系企業の決算発表予定日をPower BIレポートにまとめたものです。

赤枠で囲ったカレンダーのビジュアルにて、決算発表企業数を日付毎でカレンダー上に表示しています。

今回はこの表示方法を紹介させて頂きたいと思います。

 

このレポートでは企業数を表示していますが、他にも例えば日別で売上金額を表示したり、コールセンターの件数を日別で表示したり、活用方法は色々あると思うので参考にしてみて下さい~。

 

※動画版もあります。

 

ビジュアルのインポート

まずは、ビジュアルのインポートです。

今回はBeyond Softwareというビジュアルを使いました。

 

 

ご覧の通り、カレンダービジュアルは他にも選択肢がありますね。

で、この4つを全部試してみましたのですが、結果下記理由でこのビジュアルを使うことに決めました。

 

・カレンダーに便利なフィルター機能が付いている

・カレンダーを表示するために必要なデータが最小限

・フォントの設定等もシンプル

 

 

 

もちろん一長一短ですし、目的や用途によってビジュアルの使い分けも必要なので、一概には言えません。

ケースによって、色々試してみて下さい。

 

そして、出来れば、お好みの方法やもっと良いやり方をコメント等で教えて下さい笑。

 

 

カレンダーの設定方法

次にデータの設定方法です。

とはいっても、必要なデータ項目は下記2つのみです。

 

●Date Field:日付

●Measure Data:カレンダーに表示したい値

めちゃシンプルっすよね笑

 

 

Measure Dataの設定を変えれば、表示方法を切り替えることも可能です。

下図のように一意の個数をカウントしたり、最初・最後の値のみを表示したり。

 

また今回はテキストデータを使っていますが、もちろん数値データ(例えば売上金額)を使うことも可能です。

数値データを使えば、平均や合計等、値の表示方法の幅がもっと広がります。

めちゃ便利!

 

 

フォントの設定方法

細かいフォントの設定なんかは、ビジュアルの書式設定から進めます。

ここら辺は他のビジュアルと同じなので割愛します。

 

P.S. 動画版の方では、フォントの設定について軽く触れてますので、興味あれば見て下さい。

 

 

カレンダーの月の表示範囲の設定方法

このカレンダービジュアルですが、弱点が1つありまして、カレンダーの月の切り替えボタンがないのです笑。

Googleカレンダーみたいに、ポチポチと表示月を切り替えられないのです。

そこで、表示させたい月は、フィルター又はDAXを使って制御していきます。

 

こんな感じです。

例えば、当月を表示させたりなら、相対日付で現在の月にしたり、翌月を表示させたりなら、次の月にしたりです。

別途日付マスタを作れば、他の月の指定をもっと柔軟に制御することも可能です。

Power BI 最短で日付テーブルで作る方法

 

 

いかがでしたでしょうか。

Power BIのビジュアルマケプレからインポートしてきたビジュアルなので、今後突然何かが変わったり、急に表示されない!なんてこともあり得ますが、今のところは一番使いやすいです。

参考にしてみて下さい~。

 

 

ソフ蔵

ソフ蔵

IT企業でビッグデータ分析やアルゴリズム構築に携わってます。
趣味でPower BIの使い方やデータ分析のノウハウを伝えています。

Power BIを学習しよう!!

Power BI初級者向けのコーチング始めてみました!

人に直接教わるのが最も効率的な学習方法なので、ご検討下さい!
詳細を見る(ココナラ)

またPower BIの入門記事・記事をピックアップしましたので、こちらも参考にしてみて下さい

▶Power BIとは? 記事版 / 動画版(Power BIの概要を3分で解説!)

▶Power BIのメリット・デメリット 記事版 / 動画版

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Scroll to Top