Power BIで合計を計算する方法 SumとSumxの違い

Power BIでとある列の数値の合計を計算したい場合、Sum関数かSumx関数を使うのがメジャーなやり方です。

そこで本記事では、Power BIのSumとSumx関数で合計を計算する方法と、それぞれの違いについて解説したいと思います。

また、ExcelでのSum関数との違いについても簡単に触れたいと思います。

 

Power BI Sum関数の使い方

 

Power BIで言うSum関数とは、とある列全ての数値の合計を計算する関数です。

 

例えば下図のように、H列の売上金額の合計値を計算したい場合です。

 

 

こうしたケースでは、Power BI側で下記のようにDAX関数を書きます。

 

売上金額(合計)=

Sum(‘SalesData'[売上金額])

 

 

Sum関数は、特定の「列」を指定するというのがポイントです。

指定した列全ての数値を合計した合計値を返してくれます。

 

 

Sumx関数の使い方

 

Power BIのSum関数と似た関数で、Sumx関数があります。

こちらも、数値の合計を計算するDAX関数である点では共通していますが、計算方法が異なります。

 

違いとしては、Sumx関数の方は、とある列と列を計算した式の結果を合計する点です。

例えば下図のように、個数×単価をした式の合計を計算したい場合です。

 

 

こうしたケースでは、Power BI側で下記のようにDAX関数を書きます。

 

売上金額(合計)=

Sumx(‘SalesData’,

‘Sales Data'[個数]*’Sales Data'[単価])

 

 

Sumx関数では、「表」と「式」を指定するというのがポイントです。

一度式を計算し、その式の合計を計算した値を返してくれます。

 

このデータではH列に「売上金額」があるので、Sum関数で合計を計算できますが、もしデータにH列がない場合、わざわざ作るのは面倒です。

Sumx関数を使えば別途列を追加しなくていいので、手間をかけずに合計値を計算できます。

 

 

ExcelのSum関数との違い

Sum関数というと、Excelにも同じ名前のSum関数がありますよね。

名前は同じですし、どちらも合計を計算する関数であるという点は共通していますが、特性は異なります。

 

というのもExcelのSum関数の場合は、「値」や「範囲」を指定します。

Power BIのSum・Sumx関数は「列」でしたよね。

 

 

まとめ

下図がまとめです。

 

Excelの方が範囲や値を指定できるので、Power BIに比べてより柔軟ですよね。

ただ、Excelの場合、データ更新等で合計したい範囲が変わった時に、範囲を再指定しないといけないので、その辺は不便です。

 

 

 

Power BIで範囲を指定して合計を計算するには?

補足です。

 

Power BIのSum関数は、「列全体」の合計を計算するということを解説しました。

では、Excelのように指定範囲のみの合計を計算するためには、どうしたらよいのでしょうか。

 

例えば下図のように、2020年5月31日分のみの合計値を出したいといったケースです。

 

これは、Power BIのCalculate関数をはさんだり、フィルターを使ってデータの範囲を絞り込むことで実現していきます。

 

Power BIでは下記のようにDAX関数を書きます(一例)。

 

合計(Calculate) =
CALCULATE(SUM(‘Sales Data'[売上金額]),
‘Sales Data'[売上日] = DATE(2020, 05,31))
このCalculate関数は結構便利で、

以上です。

 

 

ソフ蔵

ソフ蔵

IT企業でビッグデータ分析やアルゴリズム構築に携わってます。
趣味でPower BIの使い方やデータ分析のノウハウを伝えています。

Power BIを学習しよう!!

Power BI初級者向けのコーチング始めてみました!

人に直接教わるのが最も効率的な学習方法なので、ご検討下さい!
詳細を見る(ココナラ)

またPower BIの入門記事・記事をピックアップしましたので、こちらも参考にしてみて下さい

▶Power BIとは? 記事版 / 動画版(Power BIの概要を3分で解説!)

▶Power BIのメリット・デメリット 記事版 / 動画版

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Scroll to Top