Power BIレポートが閲覧できない原因と解決策! アクセス権の変更方法

こんにちは。蔵(ぞう)です。

「共有されたPower BIレポートが閲覧できない!」というのは、Power BIあるあるの1つです。

今回は、レポートが閲覧できない主な理由と、その解決策について共有したいと思います。

 

 

共有されたレポートが閲覧できない理由と解決策

要因は大きく分けると、下記2点のケースがほとんどです。

 

①ライセンスがFree版

Power BIレポートを他者からの共有を受ける場合、Pro版(有料)が必要。

Free版で閲覧しようとすると、下図のようなエラーが表示される。

⇒このケースでは、有料のPro版にアップグレードすれば解決します。ちなみに60日の無料トライアル版もあるので、試してみてほしい。

 

②アクセス許可の設定

実はレポートを共有する際、レポートを共有する側、すなわちレポート管理者は、レポートへのアクセス権を設定できます

セキュリティ上、レポートを見てもOKな人と、NGな人を分けられるわけです。

例えば、会社の財務情報なんかは、ID持っている全社員に見られたらまずい情報ので、アクセス制御することがほとんどです。

下図のようなエラーが出たら、アクセス権が付与されていないということになります。

⇒このケースでは、レポートの管理者(共有してきた人)に、アクセス権を付与してもらえないか連絡してみましょう!

 

 

レポート管理者側の作業

②のケースでは、レポートの管理者が、アクセス権を付与する必要があります。

これは実は色々なやり方があるので、あくまで一例ですが、下記にてその方法を紹介します。

 

1.アクセス許可の管理

共有したいレポートにアクセスします。

左上にある「ファイル」をクリックして、対象レポートの「アクセス許可の管理」をクリックします。

 

2.ユーザーの追加

ここからは幾つかアクセス権を設定する方法があるのですが、下記では「ユーザーに直接アクセス権を付与する」方法を紹介します。

「直接アクセス」のタブをクリックして、「ユーザーの追加」を選択します。

 

3.付与する権限を設定する

虫眼鏡の検索バーに「共有したい人のメールアドレスや名前」を入力します。

そして、下図のように、付与するアクセス権の設定をチェックマークで行います。

自分は、あまり好き勝手にレポートを共有されたり、流用して欲しくないので、下記のように上2つのチェックボックスを外しています。

最後に、「アクセスの付与」ボタンを押します。

 

4.完了

再度レポートが見られるかどうか確認してみましょう!

アクセス権が問題なら、恐らくレポートが閲覧できるようになっていると思います。

 

 

いかがでしたでしょうか?

Power BIはライセンス形態が少し複雑な部分もあり、また新しいライセンスが登場したりするので、混乱する部分もあります。

現状では、上2つが原因のケースが多いですが。

参考にしてみて下さい!

 

 

ソフ蔵

ソフ蔵

IT企業でビッグデータ分析やアルゴリズム構築に携わってます。
趣味でPower BIの使い方やデータ分析のノウハウを伝えています。

Power BIを学習しよう!!

Power BI初級者向けのコーチング始めてみました!

人に直接教わるのが最も効率的な学習方法なので、ご検討下さい!
詳細を見る(ココナラ)

またPower BIの入門記事・記事をピックアップしましたので、こちらも参考にしてみて下さい

▶Power BIとは? 記事版 / 動画版(Power BIの概要を3分で解説!)

▶Power BIのメリット・デメリット 記事版 / 動画版

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Scroll to Top