Power BI DesktopとServiceの違い


こんにちは。

今回はPower BIの構成機能である「Power BI Desktop」と「Power BI Service」の違いについて、簡単に自分の見解を書いていこうと思います。

両方とも広い意味では「Power BI」に含まれるものですが、Power BIへの関わり方の違いによって、Desktopを使うケースとServiceを使うケースが変わってきますので、その違いを理解しておきましょう。

 

Power BI Desktopとは

まずPower BI Dekstopの方ですが、こちらはレポートをデザインするための、レポート開発者向けのソフトウェアのことです。

ソフトのダウンロード自体は完全無料で、パソコンに直接インストールする形で利用していきます。

色んなデータソース(Excel, CSV, Sharepoint, AWS, SQL Server, etc)に接続しデータを取り込み、その取り込んだデータに加工し、グラフやチャートを表示できるビジュアルツールを活用することで最終的なレポートのデザインを完成させていきます。

Power BIを使って色んなレポートをデザインしていきたい場合は、こちらのPower BI Desktopを利用してレポートの開発を進めます。

 

Power BI Serviceとは

続いてPower BI Serviceの方ですが、こちらは完成したレポートを閲覧したり、レポートユーザー向けに共有するためのクラウドベースのサービスのことです。

Power BI Desktopで完成させたレポートは、Power BI Serviceに「発行」することで、はじめてクラウド上で媒体を問わず閲覧できるようになります。

ユーザー側はPower BI Serviceに発行されたレポートを閲覧することも可能ですし、場合によってはそのレポートファイルをダウンロードして再編集したりなんかもできるので、レポート開発者が複数いる場合なんかはレポートファイルを共有したりすることも可能です。

そしてレポート開発者は、Power BI Serviceでレポートの展開先を設定したり、レポートで使っているデータの更新頻度なんかもServiceを使って設定していきます。

 

まとめ

実際のところPower BI DesktopとServiceでは、機能面で若干重複している部分もあるのですが、ざっくり言うと、

●Power BI Desktopはレポートを開発するためのソフトで

●Power BI Serviceはレポートを他者に共有・展開するための諸々の設定を行うサービスです。

 

以上、簡単ですが、Power BI DesktopとServiceの違いについてでした。

 

 

Power BIを学習しよう!!

●Power BIの使い方まとめ(初級編)

Power BI初心者向けに、Power BIの学習方法をステップbyステップで紹介しています。

Power BIを学習しよう!と思った方は参考にしてみて下さい。

Power BIの使い方大全(初級編)

 

●DAX関数の使い方まとめ

Power BIをやる上では避けては通れないDAX関数を色々とまとめたのがこちらのページです。

政府統計の人口データを、様々なDAX関数を使って計算してみました。

Power BI DAXの使い方(初級12本)

 

●細かい使い方は動画で学習する

Power BIは様々な機能があり、定期的に更新もされます。

Power BIの細かい機能や使い方、気になった最新の機能アップデート情報等はYou Tubeに動画上げているので、こちらを参考にしてみて下さい。

You Tube:『Zou Channel

 

●Power BIレポートの運用方法を考える

少し応用編としてPower BI×RPAを活用したレポートの作り方についてもまとめました。

Power BIに慣れてきて、これから更にPower BIをスケールさせていこうと考えている方は、RPAツールについても確認してみて下さい。

Power BIとRPAで全自動レポートを作成する方法

 

●Power BIレポートのテンプレート集

Power BIを活用して作ったレポートを一部共有しています。Power BIで何ができるのか?イメージを持ってもらえるかと思います。

Power BIレポートのテンプレート集

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to Top