Power BIのスライサーに検索機能を追加する方法 2つのビジュアルを比較


Power BIのスライサーに検索機能(検索サーチバー)を表示する方法は色々ありますし、今後他の方法も増えていくことかとは思いますが、

現時点で調べたところ、大きく下記2つのやり方がありました。

1.スライサービジュアルに検索バーを追加で表示する方法

2.新規でビジュアルを追加して表示する方法

 

どっちの方がいいのか?というと、結局はそれぞれの好み次第なので、

どちらの方法も一長一短あり、個人的には1と2の両方を使った合わせ技がいいという結論になりましたので、それぞれを比較しながら簡単に説明したいと思います。

 

 

方法1:スライサー検索で表示するメリット・デメリット

こちらの方法は、PBI Desktopの標準機能として使えるスライサービジュアルに、

下図の方法で検索バーを追加するというものです。

 

スライサーの右上にある、「…」の部分をクリックし、

一番上の「検索」を選択します。

すると、このようにリスト形式で表示されているスライサー上に、

検索バーが追加で表示されます。

 

 

◆メリット

-検索結果の候補がリスト形式で表示されるので、ユーザーはその候補から選択すればいいので、分かりやすいです

 

◆デメリット

-フォントの設定の融通が利かない(若干ビジュアルとしては格好悪いです)

→パッと見てこれが検索バーだというのが伝わりずらいですし、最悪気づかれず使ってもらえない可能性があります。

 

 

方法2:新規でビジュアルを追加して表示するメリット・デメリット

こちらは「Text Filter」という外部ビジュアルを追加でインポートして表示する方法です。

 

Power BIのビジュアルに「Text Filter」を追加インポートする

 

Fieldに検索対象となる列をドラッグ&ドロップする。

こちらのレポートでは「企業名」で検索したいので、企業名の列をフィールドに追加しています。

 

◆メリット

-フォントやサイズ変更等の設定が柔軟

 

◆デメリット

-検索候補がリスト形式で出てないから、検索がヒットしたのかわからず、使いずらい。

例えば下図の例では、企業名を「BMW」で検索しているのですが、リストの中にBMWがあるのがどうか、それがヒットしているのかどうかわからないです。

 

 

そこで折衷案

上記のように、

方法1:スライサーに検索バーを追加だとビジュアルがいまいちで、

方法2:検索候補が表示されないので使いずらい、

ということで、その両方を合わせてみました。

 

こんな感じです。

これなら、方法2で表示したText Filterに「文字」を入れて検索してもらい、

方法1のスライサーで検索候補を出すことができるので、両者のいいところ取りです。

 

 

以上です。

 

 

 

◆Power BIを学習しよう!!

これからPower BIを学習しようと考えている人向けに学習方法を学習の流れで簡単にまとめてみました。参考にしてみて下さい。

 

●Power BIの概要を理解しよう!

Power BIという言葉を初めて知った人向けにPower BIの概要、全体像、構成、機能についてまとめた入門記事・動画を作ってみました。まずはここからです!

Power BIとは(初級編)

 

▷動画版

 

●Power BIの使い方まとめ(初級編)

Power BI初心者向けに、Power BIの学習方法をステップbyステップで紹介しています。

Power BIを学習しよう!と思った方は参考にしてみて下さい。

Power BIの使い方大全(初級編)

 

●DAX関数の使い方まとめ

Power BIをやる上では避けては通れないDAX関数を色々とまとめたのがこちらのページです。

政府統計の人口データを、様々なDAX関数を使って計算してみました。

Power BI DAXの使い方(初級12本)

 

●細かい使い方は動画で学習する

Power BIは様々な機能があり、定期的に更新もされます。

Power BIの細かい機能や使い方、気になった最新の機能アップデート情報等はYou Tubeに動画上げているので、こちらを参考にしてみて下さい。

You Tube:『Zou Channel

 

 

 

◆Power BIの次はこれ!

Power BIを突き詰めていくと、Power BI単体ではデータ分析用のエンジンが足りなくなり、やがて壁にぶち当たります。

Power BIはデータ=事実を可視化するのは強いですが、可視化の次は「予測や分類といった判断精度の向上」が求められるので、それを形にする人工知能の知識が必要になってくるわけです。

またPower BIは人手がレポートを作りますが、実はもう少し先の未来では人工知能がレポートを開発する時代が来ると言われていて、実際にその現実を目の当たりにすることもあります。

その焦りから自分も、独学ですが最近は人工知能の開発に進んでいます。

AidemyのAI講座なんかは、未経験者を対象に短期間でAIの知識を学べるプログラムになっているので、今直ぐにではないですが、もう少し未来を見据えている人は参考にしてみて下さい。

 

AidemyのAI講座を見てみる

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Scroll to Top