Power BIフィルター 今日から1か月前のみを表示する方法


Power BIを使って時系列データを分析する際、データの表示範囲を何も指定しないと、全てのデータが表示されている状態になってしまいます。

例えば下図は2020/1/1~2020/12/31の1年間分のサンプルデータを使った折れ線グラフなのですが、1年分の全てのデータが表示されていることが分かります。

しかし、実際のビジネスシーンでグラフを使う場合に必要なデータは、データの分析目的によっても異なりますが、過去1か月や1週間分程度のデータ範囲だったりします。

例えば、「今日の売上金額は昨日に比べてどうだったのか?」、「今日の売上は1週間前の同じ曜日に比べてどうだったのか?」と細かく比較をしたい場合に、このような期間設定での表示方法は不適切ですよね。

そこで本記事では、表示させるデータの期間を絞り込む方法を説明したいと思います。

 

データを絞り込む方法

その方法ですが、やり方としてはPower BI Desktopの「フィルター」から進めていくという単純なものです。

また今回は一例として折れ線グラフを使っていますが、もちろん同じやり方でその他のグラフの期間を絞り込むことは可能です。

なおデータとしては、下図となります。

サンプルで使ったものなので、Column1:日付、Column2:適当にあてがった数値情報となっています。

 

1.フィルターから「日付」の列を選択

まず時系列グラフを作成する場合、下図のように軸(グラフの横方向)に日付情報をドラッグ&ドロップするところから始めます。

ドラッグ&ドロップすると、下図のように「視覚化」の左隣の「フィルター」にも自動でColumn1、Column2があてがわれます。

このフィルターの中にあるColumn1(日付データ)を選択して、データの絞り込み条件の設定を進めていきます。

 

2.「相対日付」に変更する

Column1にカーソルを当てると、下図のように下向きの小さな矢印のようなものが表示されますので、それを選択します。

クリックしたら、下図のようにタブが展開しますので、「フィルターの種類」を「相対日付」に変更します。

 

3.期間を設定する

「相対日付」を選択したら、期間を設定していきます。

今回のケースでは、「今日から1か月前」の絞り込みなので、下図の通り「最近の1月」と期間を設定します。

また同じように「今日から1週間前まで」の情報に絞り込みたい場合は、下図の通り、「最近の1週」と変更することで設定できます。

設定が完了したら、「フィルターを適用」をクリックします。

 

4.グラフを確認する

「フィルターを適用」をクリックすると、下図の通りグラフも変わりますので、しっかりと変わったかどうか確認してみます。

今日が12月7日なので、ちゃんお今日から1月前までの情報が表示されいることが分かります。

以上。

 

 

Power BIを学習しよう!!

●Power BIの使い方まとめ(初級編)

Power BI初心者向けに、Power BIの学習方法をステップbyステップで紹介しています。

Power BIを学習しよう!と思った方は参考にしてみて下さい。

Power BIの使い方大全(初級編)

 

●DAX関数の使い方まとめ

Power BIをやる上では避けては通れないDAX関数を色々とまとめたのがこちらのページです。

政府統計の人口データを、様々なDAX関数を使って計算してみました。

Power BI DAXの使い方(初級12本)

 

●細かい使い方は動画で学習する

Power BIは様々な機能があり、定期的に更新もされます。

Power BIの細かい機能や使い方、気になった最新の機能アップデート情報等はYou Tubeに動画上げているので、こちらを参考にしてみて下さい。

You Tube:『Zou Channel

 

●Power BIレポートの運用方法を考える

少し応用編としてPower BI×RPAを活用したレポートの作り方についてもまとめました。

Power BIに慣れてきて、これから更にPower BIをスケールさせていこうと考えている方は、RPAツールについても確認してみて下さい。

Power BIとRPAで全自動レポートを作成する方法

 

●Power BIレポートのテンプレート集

Power BIを活用して作ったレポートを一部共有しています。Power BIで何ができるのか?イメージを持ってもらえるかと思います。

Power BIレポートのテンプレート集

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to Top