Power BI テキストボックスの使い方 レポート内にタイトルを加える方法


皆さんも、例えばパワポを使って資料を作る際には、スライドにタイトルや見出し文を付けますよね?

Power BIでレポートを作る場合もこれと同じで、各シート(パワポだとスライドだがPower BIの場合はシート)にタイトルを挿入すると見やすくなるかなと思います。

といってもやりたいこととしては「レポートの任意の場所に、任意の文字情報を、任意の書式で表現する」ことなので、タイトルのみならずレポート内に何らかの文字情報を入力したければ、テキストボックスを使うことが多いです。

以下にてその方法を簡単に紹介していきたいと思います。

 

※下図はPower BIの使い方(初級編)としてPower BIの使い方をステップ毎でまとめたものです。全体像を把握するためにもこちらも合わせて参考にしてみて下さい。

 

テキストボックスでタイトルを付ける方法

下記がPower BIレポートにテキストボックスでタイトルを付ける手順です。

 

1.テキストボックスを挿入

まずはテキストボックスをレポート上に出すするところから全ては始まります。

どこにあるのか?というと、ここです。

ホーム>テキストボックスです。

これをクリックすると下記のようにレポート上にテキストボックスが出現します。

 

2.テキストの入力

このテキストボックスの中に入力したい情報を書き込みます。

 

3.書式の設定

このデフォルトの設定だと全然イケてないので、書式の設定を行います。

設定変更する最低限の内容としては、下記あたりでしょうか。
・文字の大きさ
・文字の色
・背景色

他にも「視覚化」から色々書式を変えられます。

後はテキストボックスを任意の場所に移動させて配置します。

大体左上辺りや、中央辺りでしょうかね。

以上です。

 

補足:テキストボックスはコピペする

さて、Power BIはほとんどの場合複数シートとなります。

で、その都度書式設定を行うのは当然面倒くさいんで、コピペで対応するようにしましょう!

コピペはコピペしたい対象を選択した状態で、「CTRL+C」を押します。

そして挿入したいレポートに移動して、「CTRL+V」です。

書式設定のみならず、テキストボックスの配置の設定もコピペされるので地味に便利ですよね。

以上。

レポートに文字情報を入力する方法は他にも色々ありますし、テキストボックスをボタン化させて別のシートやURLにリンクを飛ばすことも出来るのですが、ここら辺は追って説明させて頂きますねっ。

では。

 

※動画版もありますので合わせて参考にしてみて下さい。

 

 

Power BIを学習しよう!!

●Power BIの使い方まとめ(初級編)

Power BI初心者向けに、Power BIの学習方法をステップbyステップで紹介しています。

Power BIを学習しよう!と思った方は参考にしてみて下さい。

Power BIの使い方大全(初級編)

 

●DAX関数の使い方まとめ

Power BIをやる上では避けては通れないDAX関数を色々とまとめたのがこちらのページです。

政府統計の人口データを、様々なDAX関数を使って計算してみました。

Power BI DAXの使い方(初級12本)

 

●細かい使い方は動画で学習する

Power BIは様々な機能があり、定期的に更新もされます。

Power BIの細かい機能や使い方、気になった最新の機能アップデート情報等はYou Tubeに動画上げているので、こちらを参考にしてみて下さい。

You Tube:『Zou Channel

 

●Power BIレポートの運用方法を考える

少し応用編としてPower BI×RPAを活用したレポートの作り方についてもまとめました。

Power BIに慣れてきて、これから更にPower BIをスケールさせていこうと考えている方は、RPAツールについても確認してみて下さい。

Power BIとRPAで全自動レポートを作成する方法

 

●Power BIレポートのテンプレート集

Power BIを活用して作ったレポートを一部共有しています。Power BIで何ができるのか?イメージを持ってもらえるかと思います。

Power BIレポートのテンプレート集

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to Top