Power BIで最低限知っておきたい「視覚化」ツール3選


Power BIの魅力の1つは何といってもレポートの中で利用できるビジュアルツール(日本語では視覚化ツール)が豊富なことです。本当に沢山選択肢がありますし、Power BIのマーケットプレイス機能を使えば外部のサードパーティプロバイダーが提供しているツールも使えるようになるので、益々便利になります。

本記事では、その中でも私が頻繁に利用している3つを紹介です。これは最低限絶対に覚えておきましょう。

 

1.地図

緯度・経度又は郵便番号で地図上に任意の場所を表示できる機能です。

こちらの図は厚生省のHPから取ってきた全国の医者の数の情報を全国の地図にプロットしたものです。

バブルの大きさは、数字の大きさを示しています。

レポートの中に地図情報があるとレポートを使って共有する時にとてもわかりやすくなりますよ。

 

2.棒グラフ

ExcelやPower Pointといったメジャーなオフィスツールでよく使いませんか。レポートと言えば棒グラフみたいなところもありますよね。

上図のレポートでは「売上金額の日次推移」を棒グラフに表現していて、別途折れ線グラフで商品単価を表現しています。

 

 

3.カード

上図のようにレポートの中に文字を入れるための機能です。

レポートはある種コミュニケーション手段の1つですので、このように文字があるとレポートやレポートの中のグラフの内容がわかりやすくなるので使うようにしましょう。

 

また下記にてPower BIを使ったテンプレートレポートも紹介しています。興味があれば合わせて参考にしてみて下さい。

Power BI テンプレートレポートを見る

 

 

Power BIを学習しよう!!

●Power BIの使い方まとめ(初級編)

Power BI初心者向けに、Power BIの学習方法をステップbyステップで紹介しています。

Power BIを学習しよう!と思った方は参考にしてみて下さい。

Power BIの使い方大全(初級編)

 

●DAX関数の使い方まとめ

Power BIをやる上では避けては通れないDAX関数を色々とまとめたのがこちらのページです。

政府統計の人口データを、様々なDAX関数を使って計算してみました。

Power BI DAXの使い方(初級12本)

 

●細かい使い方は動画で学習する

Power BIは様々な機能があり、定期的に更新もされます。

Power BIの細かい機能や使い方、気になった最新の機能アップデート情報等はYou Tubeに動画上げているので、こちらを参考にしてみて下さい。

You Tube:『Zou Channel

 

●Power BIレポートの運用方法を考える

少し応用編としてPower BI×RPAを活用したレポートの作り方についてもまとめました。

Power BIに慣れてきて、これから更にPower BIをスケールさせていこうと考えている方は、RPAツールについても確認してみて下さい。

Power BIとRPAで全自動レポートを作成する方法

 

●Power BIレポートのテンプレート集

Power BIを活用して作ったレポートを一部共有しています。Power BIで何ができるのか?イメージを持ってもらえるかと思います。

Power BIレポートのテンプレート集

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to Top