Power BIのデータをエクスポートする方法

通常Power  BIはCSVやExcelといったデータをインポートしてビジュアル(グラフやチャートなんか)を作っていきますが、実はそのビジュアルの元になっているデータをCSVファイルとして逆出力することも可能です。

実際問題として自分の会社の中でも、Power BI Desktopを扱える人はまだまだ少なく、Power BI Desktopで集計・加工した情報をエクセルやCSVの情報として出して欲しいというリクエストは結構あります。

そういう意味では、より馴染みのあるCSVファイルへエクスポートできるというのは、結構便利なのです。

やり方に関しては、You Tubeに動画版もアップしているのでこちらの方が見やすければご覧ください。

 

 

エクスポート方法

エクスポート方法といっても、簡単です。

 

例えば下図棒グラフのデータをエクスポートしたい場合、

棒グラフのビジュアルを1クリックして、

 

右上にある「…」をクリックし、一番上にある「データのエクスポート」をクリックします。

 

このように保存先を指定してあげて、

 

以上です。

 

データの中身を見てみると、、、、(じゃーん)

 

おーPower BI側で設定したデータ型の円マークも付いていていいですね。

ちなみにこの売上金額は、「個数」×「単価」のDAXで集計したのですが、そのDAX関数の数式は出てこず、計算結果だけが出てくる感じですね。

 

 

 

以上です。

実務で分析担当をしていると、結構使う機能なので頭の片隅にでも入れておきましょう!!

 

 

ソフ蔵

ソフ蔵

Power BIの使い方やデータ分析のノウハウを伝えております。
データを使って世の中やビジネスを可視化したり、データ分析基盤作りの支援をしています。
本業はITソフトウェア企業でデータ分析や分析基盤の構築に携わっています。

Power BI・データ分析を学習しよう!!

Power BI初級者向けに対面・オンライン形式でのハンズオントレーニング始めました!
これからPower BIを学び始めたい方、ご検討下さい。

住所情報の可視化やジオコーディング(緯度経度、拠点間距離算出等)のトレーニングも開催しています。
下記よりご確認下さい。

Power BIレポートのショーケースも一部公開しております。

Power BIショーケースサイト

ココナラ

またPower BIの入門記事・記事をピックアップしましたので、こちらも参考にしてみて下さい

▶Power BIとは? 記事版 / 動画版(Power BIの概要を3分で解説!)

▶Power BIのメリット・デメリット 記事版 / 動画版

 

 

twitteryoutubemail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to Top