Power BIのスライサーのタイトルを変更する方法


Power BIのレポート上にスライサーを表示すると、下図のようにスライサーにタイトルも一緒に表示されるのですが、特に何も設定しないデフォルトの状態では、データの列名が表示されます。

例えば上図の場合は、「Sales Data」のデータシートの中の「商品名」の列をスライサーに使っていますので、デフォルトの状態では「商品名」がスライサーのタイトルとして表示されています。

レポート上のスライサーのタイトルとして「商品名」だとわかりずらいので、このタイトルを変更したいと思います。

 

タイトル変更手順

下記がスライサーのタイトルを変更する手順です。

 

1.スライサーの書式を変更

スライサーを選択した状態で、真ん中のペイントローラーのアイコン(書式の変更)を選択し、上から5つ目の「タイトル」をクリックします。

下図では、「オフ」の状態でグレーアウトしているので、これを「オン」に切り替えます。

 

2.タイトルを入力

タイトルタブを開いたら、下図の「タイトルテキスト」の中にタイトルを入力します。今回は「商品名やサービス名は?」と入力します。

その他にもタイトルのフォントの色、背景白、配置、テキストサイズなどもここから設定が可能です。

 

3.スライサーヘッダーをオフに切り替える

このままでは、「列名」である「商品名」が表示されたままなので、これは消します。

上から3つ目のスライサーヘッダーを「オン」の状態から「オフ」に切り替えます。

レポート上の「商品名」と書かれていた表示が消えていることを確認しましょう。

以上です。

手順としては簡単なのですが、この方法を知らないとテーブルの列自体名前を変更したり、場合によってはタイトルを消してしまったりといった対応をする方もいるかもと思いますので、これからは書式の設定からコントロールして対応するようにしましょう!

 

 

Power BIを学習しよう!!

●Power BIの使い方まとめ(初級編)

Power BI初心者向けに、Power BIの学習方法をステップbyステップで紹介しています。

Power BIを学習しよう!と思った方は参考にしてみて下さい。

Power BIの使い方大全(初級編)

 

●DAX関数の使い方まとめ

Power BIをやる上では避けては通れないDAX関数を色々とまとめたのがこちらのページです。

政府統計の人口データを、様々なDAX関数を使って計算してみました。

Power BI DAXの使い方(初級12本)

 

●細かい使い方は動画で学習する

Power BIは様々な機能があり、定期的に更新もされます。

Power BIの細かい機能や使い方、気になった最新の機能アップデート情報等はYou Tubeに動画上げているので、こちらを参考にしてみて下さい。

You Tube:『Zou Channel

 

●Power BIレポートの運用方法を考える

少し応用編としてPower BI×RPAを活用したレポートの作り方についてもまとめました。

Power BIに慣れてきて、これから更にPower BIをスケールさせていこうと考えている方は、RPAツールについても確認してみて下さい。

Power BIとRPAで全自動レポートを作成する方法

 

●Power BIレポートのテンプレート集

Power BIを活用して作ったレポートを一部共有しています。Power BIで何ができるのか?イメージを持ってもらえるかと思います。

Power BIレポートのテンプレート集

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to Top