Power BIで累積値を集計する方法


Power BI Desktopを使って売上高を積み上げで集計するDAX関数の構文です。

Power BIレポートのテンプレート集の売上分析レポートの「累積売上金額」でも利用しています。

DAX関数を利用して計算しますので、Power BIのDAX関数とは何か、なぜ学ぶのか等を参考にしつつ一度実際に体験してみて下さい。

※こちらは2019年11月15日に初版投稿後、2020年8月に内容を修正し再公開致しました。

 

DAX関数の構文

以下構文例です。

累積売上金額=CALCULATE(‘テーブル'[合計売上金額], DATESYTD(‘Date Data'[日付])

・「Calculate」関数を使って合計売上金額に対して「日付」でフィルタリングしています。

・引数で利用している「合計売上金額」は別途Sum関数で集計しておく必要があります。

・フィルタリングでは「DATESYTD」関数を利用して、年初来のデータに絞り込んでいます。

・「YTD」に代わりに「MTD」を使って「DATESMTD」とすれば月間での累積売上金額を計算できます。

以上。

 

実際には、上図のような積み上げ折れ線グラフを作るにはIF関数を使って、日付マスタの日付の情報を当日以降は表示させないように制御するといった一手間が必要です。

また、合計売上金額のところを前年度の売上金額に置き換えると、前年度との対比が可能となりますのでこれも便利かなと思います。

 

 

Power BIを学習しよう!!

●Power BIの使い方まとめ(初級編)

下記ページにPower BIを使い始めたばかりの人向けに、Power BIの学習方法をステップbyステップで紹介しています。

Power BI初級者にまず見ていただきたいまとめページです。

Power BIの使い方大全(初級編)

 

●DAX関数の使い方まとめ

Power BIをやる上では避けては通れないDAX関数を色々とまとめたのがこちらのページです。

政府統計の人口データを、様々なDAX関数を使って計算してみました。

Power BI DAXの使い方(初級12本)

 

●細かい使い方は動画で学習する

Power BIは様々な機能があり、定期的に更新もされます。

Power BIの細かい機能や使い方、気になった最新の機能アップデート情報等はYou Tubeに動画上げているので、こちらを参考にしてみて下さい。

You Tube:『Zou Channel

 

●Power BIレポートの運用方法を考える

少し応用編としてPower BI×RPAを活用した全自動レポートを作る方法についてもまとめました。

Power BIで作ったレポートをどのように効率運用していくべきなのか、あまり細かくは書けないですが、概要として参考にしてみて下さい。

Power BIとRPAで全自動レポートを作成する方法

 

●Power BIレポートのテンプレート集

Power BIを活用して作ったレポートを一部共有しています。Power BIで何ができるのか?イメージを持ってもらえるかと思います。

Power BIレポートのテンプレート集

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to Top