Power BIでPythonライブラリを使う方法


Power BIにPythonを使ったグラフ表示を試した時のメモです。
事前にPCへのPythonインストールが必要ですが、Pythonライブラリが使えるとPower BIレポートの分析の幅が広がり、分析もより高度なものができるようになるのでとても頼もしい機能です。

そもそもPythonとは?

プログラミング言語の1つで、プログラミング言語の中でもシンプルなコードを使っているのが特徴で、様々な用途で利用できる言語です。
コード自体はカンタンでありつつも、機械学種といった高度なデータ分析にも対応できる人気のプログラミング言語です。
もっと詳しく!って方はUdemyの無料講座「はじめての人の無料で学べるPython超入門!」やYou Tubeなんかにもいくつか動画ありますので参考にしてみて下さい。あ、ちなみにプログラミングの学習は画面遷移が多いので断然動画がおすすめです。

PythonをPower BIに連携させるメリット

こんなところかなと思います。
1.Pythonライブラリ(Pandas等)を使ってデータ加工できる
2.Pythonライブラリ(Matplotlib等)を使ってデータを可視化できる
3.Power BI上でコードが書ける

実際にやってみる

◎今回利用したデータベース
ヘルスケア関連の企業の財務データ。日系企業の決算書から各企業の売上高、売上成長率、営業利益率を計算して作成。
◎最終アウトプットイメージ
Power BIの標準視覚化ツールと比較したいので、標準で作れる「散布図」を作ろうと思います。

前提条件

Power BIでPythonモジュールを使う場合、以下前提条件があります。

 

1.PythonをPCにインストールしておくこと

2.Power BIのプレビュー機能でPythonをOnにしておくこと。この設定はPower BI>ファイル>オプション>プレビュー>Pythonと辿っていけば大丈夫ですよ。

※Pythonがプレビュー機能じゃなくなりましたので、このステップは省いて大丈夫です。

3.Power BIのオプション設定から、インストールしたPythonにパスが通っているか確認すること。Pythonをインストールしておけば、Power BIが自動でPythonのディレクトリを検出してくれます。

自分の場合はAnaconda環境下のPythonを使っているので、下記の通りAnaconda3にパスが通っていることがわかります。

 

4.分析で利用するPythonらいイブラリをインストールしておく。具体的には今回利用してみる「Pandas」と、Power BIでPythonを起動するときに自動で走る「Matplotlib」のモジュールを事前にインポートしておきます。

このMatplotlibのインストールは必須でインストールしていないと、下記のようなエラーが出てきます。

はまらないよう気を付けて下さいね。

このトピックはこちらで詳しく解説しています。

 

 

Pythonを使う方法

下記がPythonを使う方法です。

 

1.まずは視覚化のアイコンから「Py」をクリック

最新のバージョンのPower BIを利用していれば、「視覚化」のボックスの中にデフォであるはずです。

すると、下図のようにスクリプトエディターが出てきます。

基本的には、このスクリプトエディターにコードを書いていきます。

2.利用するデータを「値」にドラッグ&ドロップ

今回は、「FY19売上金額」と「営業利益率」をドラッグ&ドロップ。
すると、dataset = pandas.DataFrame[データ]と、データフレームが自動で生成されました。
これはコードを書く手間が省けるのでちょっと便利です。

3.コードを書く

Matplotlibライブラリを使って、散布図を表示させるカンタンなコードを書いて、「実行」。
下図のようにレポート上に散布図が表示されます。
最初はX軸に日本語で書いていたのですが、「□□□」と日本語は読み込めませんでした。Matplotlibで使うフォントに日本語が対応していないものなので、追って日本語でもできないか試してみます。
以上、取り急ぎ。

 

 

Power BIを学習しよう!!

●Power BIの使い方まとめ(初級編)

下記ページにPower BIを使い始めたばかりの人向けに、Power BIの学習方法をステップbyステップで紹介しています。

Power BI初級者にまず見ていただきたいまとめページです。

Power BIの使い方大全(初級編)

 

●DAX関数の使い方まとめ

Power BIをやる上では避けては通れないDAX関数を色々とまとめたのがこちらのページです。

政府統計の人口データを、様々なDAX関数を使って計算してみました。

Power BI DAXの使い方(初級12本)

 

●細かい使い方は動画で学習する

Power BIは様々な機能があり、定期的に更新もされます。

Power BIの細かい機能や使い方、気になった最新の機能アップデート情報等はYou Tubeに動画上げているので、こちらを参考にしてみて下さい。

You Tube:『Zou Channel

 

●Power BIレポートの運用方法を考える

少し応用編としてPower BI×RPAを活用した全自動レポートを作る方法についてもまとめました。

Power BIで作ったレポートをどのように効率運用していくべきなのか、あまり細かくは書けないですが、概要として参考にしてみて下さい。

Power BIとRPAで全自動レポートを作成する方法

 

●Power BIレポートのテンプレート集

Power BIを活用して作ったレポートを一部共有しています。Power BIで何ができるのか?イメージを持ってもらえるかと思います。

Power BIレポートのテンプレート集

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to Top